<   2009年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

吉祥天

c0059383_1115285.jpg


耐寒抜群のあがべ吉祥天。雪の積もったところに置いてあるのを見たことがあります。たげは黒紫っぽく、葉は少しシルバーがかった色、蓮の花のような立ち振る舞い・・・めっっちゃかっこいぃー品種のアガベ。
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-25 11:15  

サンスベリアロブスタードワーフにも…

c0059383_1523072.jpg


タケノコみたいににょっきりでてきた子株。さっきのペロッティーみたいに成長点が枯れてしまった子なんですがペロッティーみたいにそこからまた新しい葉がでてはこない・・・そのかわり子株の成長がすごく早い。ほんの前まで小さい小さいタケノコだったのがそれなりのタケノコになってきました。こいつも今日写真撮ろ~思って手にしたらもう1つタケノコ出してるじゃないですか・・・写真の左下くらいに。どうやら1つでは物足りなかったのか?その元気を最初に出した子株にぶつけてほしかったなぁ~ けどめっちゃ嬉しーかったです。
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-24 15:02  

ペロッティに子株が…

c0059383_1511244.jpg


んで、さっきのペロッティー今日写真撮ろ~思って手に触って見てた時に発見した子株・・・いや~君はどんだけ頼もしいんだい?
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-24 15:01  

サンスベリア“ペロッティー”

c0059383_150874.jpg


前に話した冬に成長点が枯れてしまい(溶けた?)、放置してた株。この大きさだと普通1枚出て、それなりに長くなったらまた1枚出てって感じなんですが、小さい株のように一気に2~3枚葉を出しています。どんな、たち振る舞いになるんか、楽しみな株。これ見た時感動しちゃいました・・・
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-24 15:00  

ファトスヘデラ

c0059383_1710319.jpg


ネットで調べたのですが、結構すごい植物みたいです。同じ属どうしの交配が一般的らしいのですがこれは日本原産のヤツデの園芸品種‘Moseri’と、イングリッシュアイビーの変種であるアイリッシュアイビーの交配によって、人工的に作り出された植物だからです。ヤツデはヤツデ属で、もう一方のアイリッシュアイビーはヘデラ属に属しています。このファトスヘデラのように、属の異なるもの同士の交配によって生まれた生物を、属間交雑種と呼ぶそうです。
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-16 17:10  

シェフレラ“レナータ”斑入り

c0059383_1794528.jpg


可愛いシェフレラのレナータ。おしりの葉が金魚のしっぽみたいにもやもや?表現しずらいのですが、なってます。性質も強健ですので育てやすい品種だと思います。
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-16 17:09  

アンスリューム“ペダトラディアタム”大型

c0059383_1230027.jpg


この葉にやられて入れてみました。シンボルマーク?にでもなりそうな葉。花門のシンボルマークにしたいくらいカッコイィ!肉厚の葉ですし、強そうな感じがします。
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-16 12:30 | アンスリューム  

サンスベリア“ペロッティー”

c0059383_12302251.jpg


これは新たに入れたペロッティー。やっぱかっこいぃでしょう!!冬のお手入れだけ気使ってあげれば育てやすい植物です。
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-16 12:30 | サンセベリア  

ゴキジェットアース

c0059383_12304310.jpg


左下に見える緑の缶がゴキジェットアース!幸い店や家にはごきぶりが出た事はほんの数えるくらいしかないのですが、なぜ持っているか?これはハエや蚊、クモ、蜂にも効くんですよ。クモはこの時期多くなりますし、ハエも室内によく入ってきます。なのでこのアースはかなり重宝するんです!
そんで真ん中のはペロッティー特大です。んーん!!
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-16 12:30 | サンセベリア  

チランジシア“キセログラフィカ”

c0059383_1229848.jpg


全部無くなったので新たに仕入れ。形も大きさも良いキセロ^^1つしかないです・・・
[PR]

by kamon-asumo | 2009-07-16 12:29